決まりを守り、リフォームを

>

リフォームできない「共有部分」

玄関や窓の冊子等は注意が必要

基本的には、共有部のリフォームはできません。
玄関ドアの外側、ベランダ部分は共有部にあたり、基本的な考えは火災などの緊急時の妨げになるものは、リフォーム不可になります。
ただし、ドアの塗替えなどは可能ではあります。
リフォームする際は、マンションの規約に沿って行うことが必要となります。
専有地だからといって全てリフォームすることはできないので、間違ったリフォームをしてしまうと退去させられたり、法に触れてしまう可能性があります。
また、水回り等の配管の移動も禁止されているので、キッチンやバスルームをリフォームする際には注意が必要ですので、まずは担当のスタッフとよく相談してからのリフォームを心がけて下さい。

その他の注意点

多く意見があるのが、エアコンの取付です。
エアコンの取り付けは基本的にはできないところが多いです。
エアコンには、室内機と室外機があります。
まず、エアコンの室外機は壁に穴を開けなければいけませんので、壁に穴を開けることが禁止されている集合住宅ではエアコンの取付はできません。
また、室外機の取り付けも景観を損なったり、避難経路の妨げにもなってしまいます。
エアコンの取付に関しては、認識としては見落としがちなので注意して下さい。
購入の際に、販売員からの案内で分かる事も多いですが、リフォームの基本として覚えていて損はありません。
リフォームの際は、集合住宅の規約に沿っていれば法に触れることもありませんし、間違いはありません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る