建設だけじゃない工事の種類とその特徴

様々な工事について勉強しよう

仕事内容を詳しく知ろう

電気や水道などを、使えるようにする工事があります。 今まで誰も使っていなかった建物を、誰かが使いたいという時に行われることが多いです。 また電気工事の場合は、資格がなければ担当できません。 いつ工事を担当することになっても良いよう、早めに資格を持っておきましょう。

おすすめリンク

煙突塗装の注意点

煙突を塗装するときはどんな点に注意が必要?忘れずにチェックしておきたいポイントを解説

ライフラインを整える工事

生活に欠かせないのは、電気や水道といったライフラインです。
それら使えるようにする工事もあるので、覚えておきましょう。
電気工事は危険が伴う仕事で、特別な資格を持っていないと担当できません。
これから工事業界で活躍したいと思っている人は、電気工事士という資格を獲得することをおすすめします。
すると担当できる工事の幅が広がり、順調に経験を重ねられます。

作ったものに、ガラスを貼り付ける工事もあります。
さらに塗料を作ったものに貼り付ける工事のことを、塗装工事と呼びます。
また作ったものに水が侵入しないよう、防水工事を行うこともあります。
この工事を済ませることで大雨が降った場合でも、水がしみ出ることはありません。
人間が安全に生活を送るためには、欠かせない工事だと言えますね。
そして内装仕上げ工事というものもあり、これは建物を建設した後に行われるのが一般的です。

機械器具設置工事というのは、特殊な機械を用いて工作物を作る工事になります。
また工作物に機械を取り付けることも、機械器具設置工事に含まれます。
さらに庭などを作る工事もあり、それは造園工事と呼ばれています。
綺麗な庭を作る時は欠かせない工事で、職人のセンスが問われます。
また依頼主にこのような庭にしたいという希望があるでしょうから、自分が造園工事を担当することになったら、依頼主とよく話し合うことが大切です。
勝手に造園工事を進めると、トラブルが起こってしまいます。

完成した建物の仕上げ

建物を作ったあとで、行われる工事があります。 まだ建物が完成した直後の段階だと、見た目が悪かったり機能性に問題があったりします。 そのためガラス工事や防水工事を行って、人間が快適に過ごせるように工夫しています。 建物を作って、終わりではないということですね。

工事の時に使われるもの

特殊な器具を使ったり、または取り付けたりする工事があります。 そのような工事を担当するかもしれないので、覚えておきましょう。 また、庭を作る仕事を任される場合があります。 その際は依頼主との意見をよく聞いて、希望通りの庭を作れるように努力してください。

TOPへ戻る