マンションリフォームで出来る事と出来ない事

決まりを守り、リフォームを

リフォームで確認しておくべき点

リフォームする際に、マンションと一戸建てタイプでも違いがあります。 マンションでは専有部分と共有部分で異なり、何も知らずにリフォームすると法律に触れる可能性も出てきます。 まずはできることを確認し、正しくリフォームを行うために参考にして下さい。

リフォームできない「共有部分」

リフォームできない部分になるのが「共有部分」になります。 主にリフォームできない部分は玄関の外側の部分、ベランダ、配線や配管部分になります。 これらはすべて共有部分になり、他の住人も利用するスペースになっています。 詳しく解説していきますので確認していきましょう。

リフォームには決まりがある

リフォームを考える人は、家の老朽化や家族の増加で考える人が多いかと思います。
一戸建ての場合、自分の敷地内であればリフォームは手軽にできますが、マンションなどの他の住人が多い共有スペースが多い場合、確認が必要となってきます。
主にマンションでリフォームできない部分は、玄関のドア、ベランダ部分、配線や配管部分となっています。
玄関のドアに関しては、外の廊下に面している部分がリフォームができません。
ベランダ部分は、火災などの緊急時の際に妨げになるためリフォームができず、配線や配管なども、他の住人が共有している部分なので変えることができません。
これら全ては、「共有部分」となりリフォームができない部分です。
「共有部分」は、文字通り集合住宅の住人が使用するスペースであり、自分の部屋の専有地ではないのでリフォームができない部分となります。
玄関の鍵に関しては、リフォーム会社に問い合わせれば可能となる場合があります。
玄関のドアの内側からは専有地なので、リフォームをすることが可能です。
またマンションの規約にリフォームに関して記載されているため、たとえ専有地でも規約によってはリフォームできない場合があるので注意が必要です。
規約を守らずにリフォームを行い、裁判になった例もあるので必ず規約に目を通し、管理会社と相談の上リフォームを行うようにしましょう。
また、他の住人とのトラブルにならないよう、挨拶やお知らせなど連絡しておく必要があります。

リフォームの前に確認を

リフォームの際に規約などをよく確認せず、トラブルになるケースがあります。 規約を無視してリフォームを行うと、法に触れる可能性があり、裁判沙汰になったケースもあります。 リフォームをする上でトラブルにならないように、注意点がいくつかありますのでご紹介していきます。

TOPへ戻る